みんなで考えよう、ケータイ・スマートフォン

ソフトバンクが提供する「みんなで考えよう、ケータイ・スマートフォン」は、「考えよう、ケータイ」シリーズの第4弾です。

主に学校などの教育現場で、先生方や保護者、地域の青少年相談員の方などに授業や講座を進行をしていただけるように構成されています。

携帯電話やスマートフォンの問題に関する知識を直接教えて啓発する形式ではなく、映像教材をもとに問題提起し、主体的に考え、話し合い、問題点を客観的に考えることで、自らの携帯電話、インターネットの利用法や付き合い方を振り返る内容となっています。

学校の授業で、地域の学習会で、そして保護者会やPTA研修会で、それぞれに対応したテーマを選びました。50分の時間で実施できる指導案や、進行のためのスライドなどの副教材は、このページからダウンロードしていただけます。ぜひ、ご活用ください。


ルール作り編日常的に活用されるメッセンジャーアプリも使い方を誤れば人間関係を悪化させます。演劇部の稽古中に言い争いとなってしまった仲良し5人組。帰宅後、仲直りしようとアプリで連絡を取り合いますが...

指導案
ワークシート

ルール作り編アプリを通じて個人情報が狙われ、出会い目的に使用される被害が出ています。アプリで「友達」が増え日常の行動にも変化が現れた中学生。周囲の大人も気づかぬふりをするうちに、魔の手が近づいて...

指導案

ルール作り編無制限にスマホが使えると、ついつい日常生活がおろそかになりがちで、料金やネット上のトラブルなど心配の種も増えるばかり。家族会議でスマホ利用のルールを話し合うことになった一家は...

指導案


考えよう、ケータイ冊子