みんなで考えよう、ケータイ・スマートフォン

ソフトバンクが提供する「みんなで考えよう、スマートフォン」は、「考えよう、ケータイ」シリーズの第5弾です。

主に学校などの教育現場で、先生方や保護者、地域の青少年相談員の方などに授業や講座を進行をしていただけるように構成されています。

携帯電話やスマートフォンの問題に関する知識を直接教えて啓発する形式ではなく、映像教材をもとに問題提起し、主体的に考え、話し合い、問題点を客観的に考えることで、自らの携帯電話、インターネットの利用法や付き合い方を振り返る内容となっています。

学校の授業で、地域の学習会で、そして保護者会やPTA研修会で、50分の時間で実施できる指導案や、進行のためのスライドなどの副教材は、このページからダウンロードしていただけます。ぜひ、ご活用ください。


ルール作り編悠美は、クラスメイトの恋バナをネットでつぶやくアプリWara♪tterの「裏アカ」に投稿。限られた人しか見られないはずなのに、それがスクリーンショットされて…

指導案
ワークシート

ルール作り編亮二は、有名な動画配信者目指してYa-Tubeに「りょーじチャンネル」を開設。全て1円玉だけで買い物をする動画は再生回数が好調に伸びたものの、コメント欄には非難が殺到し…

指導案
ワークシート

ルール作り編念願のスマホデビュー。販売店での説明にも関わらず「使えないアプリが出ると困る」という子どもからの意見で、両親はフィルタリングを外してしまう。そうしてスマホを使い始めたが…

指導案
ワークシート


考えよう、ケータイ冊子