みんなで考えよう、ケータイ・スマートフォン

 「考えよう、ケータイ」プロジェクトでは、教職員研修や、保護者を対象とした研修会を実施しています。2019年度は、東京都文京区の村田女子高等学校で開催された『未来の教育コンテンツEXPO2019』(通称:「ミラコン」)の中で「みんなで考えよう、スマートフォン」の模擬授業を行いました。

※未来の教育コンテンツEXPO
https://miracon.jpeca.jp/

研修会の様子

活用教材考えよう、ケータイ冊子

みんなで考えよう、ケータイ・スマートフォン


 2019年12月21日(土)・22日(日)に開催された『未来の教育コンテンツEXPO2019』(以下、「ミラコン」)の中では、全国各地から数多くの教育関係者が、会場である村田女子高等学校に集まりました。
 その分科会の1つとして『ネットいじめ・SNS炎上から考える情報モラル教育』と題し、NPO法人企業教育研究会が講師となって「みんなで考えよう、スマートフォン」の模擬授業を行いました。
 小学校・中学校・高等学校の先生方や、教育関係の出版社の方まで幅広くご参加いただく中での研修会となりました。
 参加された先生方には「みんなで考えよう、スマートフォン」の授業や講座を学校の授業や保護者会などでご活用いただけるように教材DVDをお渡しました。

 

研修会を受講した参加者の感想

・インターネットにうとい私でも授業できそうな教材だと思いました。勉強になりました。
・問題点を探るだけでなく「ドラマの登場人物にアドバイスを送る」というワークは、とても深い思考になるので良いと思いました。
・保護者の知識向上がとても大切だと感じるので、保護者会でもどんどん活用されるといいですね。
・情報社会で使う側のモラルも問われることとなってきたこのタイミングで、良い授業を受けられて大変参考になりました。

 


 「考えよう、ケータイ事務局」では、教職員や全国各地の青少年指導員などのみなさまを対象にした研修会への講師派遣を行っています。この記事に対するお問い合わせはこちらよりお聞かせ下さい。