みんなで考えよう、ケータイ・スマートフォン

「考えよう、ケータイ」事務局は、2016年12月に和歌山県青少年・男女共同参画課が同県内の7会場(和歌山市・海草地方、那賀地方、伊都地方、有田地方、日高地方、西牟婁地方、東牟婁地方)で開催した「ネット安全推進員養成研修」に、講師を派遣しました。

今回は、講座を企画・運営された同課に、開催の背景や、内容についての感想をうかがいました。

研修会の様子

活用教材考えよう、ケータイ冊子

みんなで考えよう、ケータイ・スマートフォン


Q:「考えよう、ケータイ」研修会を導入した経緯を教えてください。

A:これまで、県内各地域で青少年の指導に関わっている関係機関の職員に対して、青少年がSNS等でトラブルに巻き込まれることを防ぐために「ネット安全推進員養成研修」を行ってきました。昨年度までは、座学が中心であったので、今年度は実際に機器を使うような具体的な研修ができないかと考えていたところ、「考えよう、ケータイ」研修会のことを知りました。内容を確認したところ、iPadを使った実機研修が研修内容に含まれていたことから、研修会を依頼することにしました。

Q:「考えようケータイ」研修会に関する率直な感想をお聞かせください。

A:iPadを使った実機研修は、子供たちが巻き込まれるトラブルについて、iPadを使用しながら模擬体験できるようにプログラムされていて、具体的で非常にわかりやすい研修となっていました。

また、フィルタリング等の使用制限のやり方について、実際に実機で体験できたことも非常に有効で、想像していたよりもずっと簡単に使用制限ができることを学ぶことができ、保護者に対して自信を持って使用制限を進めることができると感じました。

DVDのドラマを利用して子供たち自身にSNS利用について考えさせるプログラムも非常に良くできていると感じました。指導者がこれまでのように座学で子供たちに指導する手法よりも、子供たちがドラマを見て、自分から主体的に問題点を考えるスタイルは、子供たちにSNSトラブルを自分にも起こりうる現実的な問題であると理解させるためには非常に有効であると同時に、指導者がスマートフォン等の専門的な知識がなくても容易に有効な研修を行うことができます。これからこのような汎用性の高いプログラムが学び方の主流になると感じています。

Q:研修会を開催した後に、何か受講者のみなさまに変化はありましたか?

A:現在のところ、具体的な変化というのは耳にしていませんが、研修を受講した関係者が等しく話していた感想として、座学ではなく、DVDを利用して、子供たち自身にSNSに関わる問題点を考えさせるというやり方は非常に有効だと感じるという意見がありました。今後は今回の研修を生かした、生徒参加型の研修が増えていくのではないかと期待しています。

Q:「みんなで考えよう、ケータイ・スマートフォン」の教材についての感想をお聞かせください。

A:LINEをイメージしたアプリを利用している子供たちの間で起こるトラブル、個人情報の扱い方、家庭でのルール作りが非常に具体的に描かれており、ドラマを見た子供たちは容易に共感できるだろうし、SNSで起こっているトラブルが非常に些細なことや、不注意から発生していることが理解できる構成になっています。

また、答えを提示するのではなく、ドラマを見た子供が、何が問題であったのかを、自分自身で考えられるように構成されているところもよくできていると感じました。問題を自分のこととして捉えられるようになるだけではなく、自分の行動がどのような結果を生むのかといった想像力、どうすれば問題が防げたのかといった危機回避能力を養うことにもつながる内容となっているので、使いやすく有効な教材だと感じました。

Q:子どもとネットの付き合い方のあるべき姿について教えて下さい。

A:年齢に応じてSNSの利用内容を変えていくことが大切だと考えます。家庭によって子供がSNSを利用する時期は違いますが、利用を開始する際の年齢に応じて利用内容を考えることが重要であると思います。はじめは親が管理しながら、電話、やメールを特定の人とやりとりするような所からはじめて、徐々に利用内容を広げながら、自立させていく。利用段階ごとに利用方法やルール、危機管理についても指導することで、子供たちのメディアリテラシー能力を高めることが大切だと考えます。

Q:その他、お気づきの点があれば、お聞かせください。

A:研修自体の時間的制限もあるので、難しいとは思いますが、研修時間内で視聴できる、DVDに収録されたドラマは一つですが、外の二つのドラマの内容をもう少し具体的に知ることができたり、簡単な利用の実態などが聞けたりすると、より良かったと思います。(ネット上には、教材の利用方法まで丁寧にアップされていますが、普段の研修での具体的な利用法や、その際に出た子供の意見などを、少しでも聞かせていただけると、活用の幅もより一層広がるように思いました)


研修会を受講した参加者の感想

・わかりやすい内容でありがたかったです。模擬授業の展開についても、とてもわかりやすかったです。
・とても勉強になりました。気づきが多く、今後の対策に活用しようと思います。
・ネガティブではなくポジティブな内容だから、納得のいく講座だった。
・フィルタリングの設定、機能制限の設定等、簡単にできることが知れてよかったです。


「考えよう、ケータイ事務局」では、教職員や全国各地の青少年指導員などのみなさまを対象にした研修会への講師派遣を行っています。この記事に対するお問い合わせはこちらよりお聞かせ下さい。