モノとエコをデザインする仕事 | 携帯電話をデザインしてみよう!

概要

ダミー

 中学校の子どもたちにとって身近な「携帯電話」のデザイン(ハード、ソフト)をテーマに、従来の学校教育(技術教育)で扱われることが少なかった、プロダクトデザインの工程や工夫、さらには環境を考えたものづくりについて、子どもたちがプロダクトデザインの一部を体験しながら考えることを目的とします。
 また、将来の仕事として人気の高い「デザインに関する仕事」としてソニーモバイルコミュニケーションズの社員の例を紹介し、子どもたちの職業観・勤労観の育成を支援します。


授業内容・指導案

ねらい

・携帯電話を例に、体験を通してプロダクトデザインの工程・工夫を知ることができる。

・製品をデザインする仕事の一部を体験しながら、デザイナーの仕事ややりがいを考えることができる。

・様々な意見を持った人たちと協力して1つのモノをつくることの難しさや楽しさ(コミュニケーション能力)を学ぶことができる。

・ソニーモバイルコミュニケーションズが複数の国々と連携しながら世界に通用する携帯電話を作っていることや、多様な国籍の社員と文化や言語の違いがありながら働いていることを知ることができる。

・携帯電話が、環境にも配慮した製造工程でつくられていることを知ることができる。


対 象 中学生
教 科 中学校 技術分野(製品の設計、情報通信ネットワークの利用)、
総合的な学習の時間(キャリア教育)
時 間 2時間
内 容
①携帯電話のプロダクトデザインについての説明
・①企画→②デザイン・設計→③製造→④販売→⑤アフターサービス

②企画
・5名程度のグループになり「携帯電話のデザイン」を考える
・ターゲットを決めよう
・ターゲットの生活スタイル、好みを分析しよう

③デザイン・設計
・企画案を元に、デザイン設計などを行なう
・携帯電話の「色、形、機能」を考えよう
・なぜ、その「色、形、機能」にしたのか、理由を書こう

④発表
・グループごとにアイディアを発表

⑤仕事の紹介・まとめ
・エコのデザインとして、希少金属の資源循環を紹介
・デザイナーの仕事内容、社内の様子、やりがいなどを紹介
・デザイナーからのメッセージ  
・まとめ
費 用 無料

ダウンロード



授業応募



© 2003 NPO the Association of Corporation and Education