これまでの実績

過去の活動

2009年以降は実践授業紹介をご覧ください。

2008年度

【受託】千葉県教育庁より「企業と組み立てるキャリア教育」を受託
    千葉県内20校で授業を実施

【プロジェクト】ソフトバンクモバイル株式会社とともに「考えよう、ケータイ〜情報モラル教育プログラム〜」を開始(〜現在)

【実施】有限責任事業組合ことばの杜とともに「読み聞かせの授業」を実施

【実施】株式会社ダスキンと連携した授業を実施

【実施】日本IBM株式会社と連携した授業を実施(〜現在)

【実施】オルガノ株式会社と連携した授業を実施

【実施】桐原書店と連携した授業を実施


2007年度

【プロジェクト】ソニー株式会社とともに「理科教育支援プログラム」を開始(〜現在)

【プロジェクト】日本イーライリリー株式会社とともに「こころの病気について考える授業」を開始

【実践】株式会社魔法のiらんどとともに「ケータイとのつきあい方を考えよう」を実施

【実践】カルビー株式会社とともに「ポテトチップスができるまで」を実施

【実践】積水ハウス株式会社とともに「快適な住まい」を実施

【研修】千葉県教育委員会とともに「第1回キャリア教育推進協議会」を実施

【研修】千葉県教育委員会とともに「第2回キャリア教育研究協議会」を実施

【出版】『企業とつくる食育』を出版(教育同人社)

【その他】三菱UFJフィナンシャル・グループ等の「金融経済教育支援プログラム」の事務局を担当

 

2006年度

【受託】CEC(コンピュータ教育開発センター)「産業協力情報授業」を受託

【プロジェクト】株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)とともに「授業やろうぜ!」を開始(〜現在)

【実践】株式会社ウェザーニューズとともに「気象情報を活用した新コンテンツサービスを考えよう」を実施

【実践】関西電力とともに「電気が届くまで」を実施      

【実践】ヤフー株式会社とともに「次世代ネットビジネスの提案」を実施

【実践】アマゾン・ジャパン株式会社とともに「流通形態の変化」を実施

【実践】マブチモーター株式会社とともに「電磁石のはたらき」を実施      
【実践】株式会社セブン-イレブン・ジャパンとともに「私たちの生活と経済」を実施

【実践】三菱地所株式会社・法政大学とともに「環境教育」を実施

【実践】小田急電鉄株式会社とともに「電車の省エネ・リサイクルを見てみよう」を実施

【実践】イオン株式会社とともに「食品の選択・食品のごみについて考えよう」を実施

【実践】株式会社ベストテクノロジーとともに「ロボットづくりに挑戦」を実施

【発表会】2006年度成果発表会を実施

【出版】『企業とつくるキャリア教育』を出版(教育同人社)

【組織】事務所をゆりの木商店街に移転

【受賞】 文部科学大臣賞「キャリア教育優良取組」受賞

  

2005年度

【受託】経済産業省「地域自律・民間活用型キャリア教育プロジェクト」を受託(2005〜2007年)
    千葉県内30校でキャリア教育を実施

【受託】CEC(コンピュータ教育開発センター)「産業協力情報授業」を受託          
【プロジェクト】読売新聞社とともに「教育ルネサンス ことばの授業」を開始(〜現在)

【プロジェクト】日本マクドナルド株式会社、NHKエデュケーショナルとともに「食育の時間」を開始(〜現在)

【プロジェクト】日本ハム株式会社とともに「ウインナーの手作り体験教室」を開始(〜現在)

【実践】ソニー株式会社とともに「非接触ICカードから学ぶユビキタス社会」を実施

【実践】株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)とともに「ゲームとのつきあい方を考えよう」を実施

【実践】株式会社千葉ロッテマリーンズとともに「すきなことを将来の仕事にする」を実施

【実践】株式会社ナムコとともに「ゲーム会社が支える福祉」を実施

【実践】株式会社リクルートエージェントとともに「働き続けることを考える」を実践

【実践】京セラ株式会社とともに「太陽光発電について学ぼう」を実施

【実践】株式会社ロッテとともに「チョコレートから考える日本と関係の深い国々」「キャッチコピーをつけよう」を実施

【実践】日産自動車株式会社とともに「自動車産業の今、未来」を実施

【実践】三井物産株式会社とともに「貿易の仕組みと貿易に携わる仕事」を実施

【実践】株式会社ジェイティービー(JTB)とともに「エコツアーをつくってみよう」を実施

 

2004年度

【受託】CEC(コンピュータ教育開発センター)「産業協力情報授業」を受託

【実践】独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)とともに「宇宙と先進情報技術」を実施

【実践】キッコーマン株式会社とともに「世界に広まった野田のしょうゆ産業」を実践

【実践】株式会社バンダイ(当時)とともに「フロッグスタイルをつくろう」を実践

【実践】株式会社オフィス303とともに「ガイドブックをつくろう」を実施     
【出版】『企業とつくる授業』を出版(教育同人社)

 

2003年度

【受託】文部科学省「NPO等と学校教育との連携の在り方についての実践研究事業」を千葉県旭市が受託(2003〜2004年)千葉県内2校で授業を実施                 
【受託】CEC(コンピュータ教育開発センター)「産業協力授業」を受託                 
【実践】日本電気株式会社(NEC)とともに「福祉とコンピュータ」を実施      
【実践】株式会社明治屋とともに「クイズで学ぶ輸入食品」を実施

 

2002年度

【組織】藤川大祐・塩田真吾らで企業教育研究会を設立

【実践】ダイハツ工業株式会社とともに「環境のことを考えて未来の自動車をプロデュース」を実施

【実践】アサツーディ・ケイとともに「学校紹介ポスターを作ろう」を実施

【実践】株式会社エフティ資生堂とともに「シャンプーの新商品を考えよう」を実施

【実践】キヤノン販売株式会社とともに「アップとルーズを考えてデジタルカメラを使おう」を実施

【組織】千葉県よりNPO法人の認証を受ける





© 2003 NPO the Association of Corporation and Education